本文へ移動

断熱

サンウッドの断熱性能は、国が定める基準の2倍以上で冷暖房費がお得!!

国が定める4地域の「次世代省エネルギー基準」の断熱仕様と比べても、はるかに上回る2倍以上もの断熱性能となります。

UA値とは「どれくらい熱量が家の外に逃げやすいのか」を表す数値です。数値が小さければ小さいほど断熱性能が高いことを示します。
サンウッドの高性能住宅はUA値=0.32~0.38(弊社 S-style仕様住宅の実績値)
国が定める4地域の「次世代省エネルギー基準」の断熱仕様と比べて、サンウッドなら年間の電気代が約7万円もお得になります。


断熱性能と体感温度の関係

人の体感温度は(室温+天井・壁・床の表面平均温度)÷2 と言われています

■断熱性能が低い家

(室温25℃+表面温度10℃)÷2=17.5℃
天井・壁・床の表面平均温度が10℃で室温が25℃の場合
(室温25℃+表面温度10℃)÷2=体感温度
17.5℃

■断熱性能が高い家

(室温23℃+表面温度18℃)÷2=20.5℃
天井・壁・床の表面平均温度が18℃で室温が23℃の場合
(室温25℃+表面温度10℃)÷2=体感温度
20.5℃
この結果から、室温が25℃の断熱性能の低い家より、室温が23℃の断熱性が高い家の方が暖かく感じることになります。
室温が高くても壁や床の表面温度が低いと暖かく感じないということですね。
夏の場合は逆の考えとなり、天井・壁・床の表面平均温度が高いと室温を下げても涼しさを感じません。
高断熱の家は魔法瓶のように、夏は冷房の涼しさを保ち、冬は暖房の温かさを逃がさないので快適に過ごせます。
そして、夏も冬も少ないエネルギーで家の中の温度差がなく一年中快適に過ごせます。
断熱性能が向上することで暖房室の天井と床付近の不快な温度ムラや、家全体の不快な温度ムラのない室温を実現することも可能です。
したがって、浴室や脱衣室・トイレの温度差もなくなるので、血圧の変化が少なくなりヒートショックのリスクも軽減し健康面にも良いです。


夏も冬も快適な室温を快適に保つ「ダブル断熱工法」

外断熱と内断熱のメリットの合わせ技「ダブル断熱工法」を採用しています。
従来の断熱性能を大幅に越える断熱性能で、1年通して快適な室内環境を実現し省エネなだけでなく、建物の耐久性も向上します。

内断熱

柱や梁などの構造材の空洞部分に断熱材を充填する一般的な方法です。
(厚みは確保できますが隙間が生じやすいのと柱等の構造部分(木部)の熱抵抗値(断熱性能)が落ちることが難点です。)

外断熱

柱などの構造材の外側から断熱材で隙間無く包み込む工法です。
(重たい外壁を構造にしっかり止める為に断熱材の厚みに限界があることや、躯体の中が空洞になり、外壁が太鼓状になることによって室内の反響音が大きくなることが難点です。)

ダブル断熱

外断熱と内断熱のメリットを合体させた工法です。
雪国の寒い環境に必要な断熱の確保と気密により、暮らしに最適な環境が作れます。
TOPへ戻る