本文へ移動

国内最高レベルの断熱性能を誇る高性能窓で、快適、省エネな暮らしを


「冬、窓の近くに行くと外にいるかのような冷たさを感じる」
「いくら暖房しても頭の方だけ温まって足元は冷たいまま」
「冷気の流れを感じる」

なんてことはありませんか?

このような不快の大きな原因は、窓の性能が低いことにあります。
性能の低い窓は、窓自体が外気温と同じくらい冷たくなるため、部屋や住む人の熱を奪っていきます。
U値とは「熱の伝えやすさ」を表す数値で、数値が小さいほど断熱性能が高いことを示します。

樹脂サッシ+トリプルガラスの高性能窓は、アルミサッシ+ペアガラスの約5倍、アルミサッシ+単板ガラスの約7倍もの断熱性能があるため、屋内の温度ムラや寒さを感じにくく快適に、また屋内温度を一定に保ちやすくなるため、エアコンの効率が良くなり、省エネにも繋がります。


快適な家には、良い窓を

住宅の中で一番熱の出入りが大きいのが「窓」
夏は7割、冬は6割もの熱の出入りが窓からあります。
暖かく涼しい、快適な住まいを考えるうえでは、高性能窓を採用することが一番コストパフォーマンスの良い選択となります。


窓から作る、健康な住まい

冬の暖房時、窓の表面温度が低ければ低いほど、カビや、シックハウス症候群の原因ともなる「結露」が発生しやすくなります。
高性能窓であれば、熱を通しにくいため屋内側の表面温度が下がりにくく、結露が少ない=快適で健康的な屋内環境を実現できます。
TOPへ戻る