サンウッド新潟ではお施主様が安心して暮らせるように「全棟気密測定を実施」しております。
気密 隙間のこと。高気密とは隙間が少ないということになります。
気密がよくないと...

換気がうまくいかず空気が滞留する + 隙間風が入ってくる + 結露しやすい + 冷暖房費がかさむ


不快な暮らしの原因になります。(健康を損なう)
では、気密についてご紹介します。
①気密の方法
施工方法により気密の取り方は異なります。

内断熱の場合 ※断熱ページ参照

繊維上の断熱材を充填した場合は住空間側に気密シートを張る
ボード状の断熱材を充填した場合は専用の気密部材を使う


外張り断熱の場合

外張り断熱はボード状の断熱材を外側に張る。
そのボード上の断熱材の継ぎ目部分を気密テープを張る。

②気密の調べ方
建物の隙間なんてどうやって調べるの?という方は少なくはないと思います。
建物の隙間、「気密」を調べるには気密測定士から気密測定をして頂くことが必要になります。
(弊社には気密測定士の有資格者がおりますので全棟気密測定をしております)
③気密の数値
気密はC値というもので表現されています。C値は床面積1㎡あたりにどの程度隙間があるのかを表すものです。
床面積100㎡の家でC値=2.0の場合、家全体の隙間は200㎠となります。C値は小さければ小さいほど気密がいい住宅となります。
数値の目安

一般的な高気密住宅 C値 2.0

サンウッドの家の気密数値は

2017年実績平均数値 C値 0.5

最高数値 C値 0.2

④気密と換気
冒頭に記載しました気密がよくないと換気がうまくいかない。
それはなぜなのか図で説明させて頂きます。

隙間が多いと換気扇の排気で引っ張られるはずの空気がどこからでも入ってこれる状態で換気扇廻りの空気だけを循環しているだけになります。
隙間が少ないと換気扇の排気で引っ張られる空気が給気口から排気しているファンに向かっていく為計画通りの換気ができるようになります。

⑤気密にこだわるサンウッドの家のメリット

自社の職人・長年お付合いのある職人チームが徹底した気密処理を行うことで安定した高気密住宅をご提供することが出来ます。
気密を良くし換気が機能することにより空気の滞留やよどみを防ぐことができ、結露の抑制にも繋がります。
結露を抑制することでカビやダニの発生も防ぐことが出来、本当の意味で安心できる住環境となります。
更に結露の抑制は住む人だけではなく建物の長寿命にも繋がります。
気密を良くし、換気を機能させ、人にも建物にも優しい快適な環境を創りましょう。


サンウッドの家・基本性能

サンウッドの家・基本性能の三本の柱です。詳細は下記のページへ。